乾燥によるくすみについて

肌のくすみの原因の一つに乾燥があります。肌が乾燥すると、肌表面の保護機能が低下し、肌トラブルを引き起こす可能性が大きくなります。
肌の乾燥を放っておくと、肌の表面がかさついたり、肌のきめが乱れます。
そうなると、光が乱反射する為、顔に影ができやすくなり、それが肌のくすみに繋がります。肌の乾燥を防ぐ為には、何よりも保湿を行い乾燥させないことが肝心です。
また、冬場は乾燥だけではなく、気温が低下することで血行不良にもなりがちです。この血行不良も肌のくすみの原因である為注意が必要です。



肌を保湿し、肌表面の保護機能を低下させないようにする為には、化粧水で水分をたっぷりと与えて、次に、乳液やクリームを塗って与えた水分が蒸発しないようにします。保湿成分を多く配合した化粧品を使うと効果的です。
保湿成分には、ヒアルロン酸やセラミド等があります。
自分の肌に合う保湿成分配合の化粧品を使うことで、乾燥によるくすみを改善し、若々しい肌に作り変えることが可能になります。
このように、乾燥によるくすみについては、肌の保湿をしっかりと行うことがとても大切です。
メラニン色素は、紫外線が肌を刺激することによって、その紫外線から体を守るために生成されます。本来は、体を守るために生成されますが、それをそのまま放っておくとメラニン色素が肌に沈着してくすみの原因になります。
そのため、メラニン色素の生成を抑えるために、外出前に日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘を利用するなどの工夫が大切になってきます。
メラニン色素が沈着した肌は、肌全体が茶色っぽくくすみ、肌の透明感が低下します。



メラニン色素の生成は紫外線の刺激だけではなく、毎日行うスキンケアも原因になる場合があります。
洗顔をする際に、肌をゴシゴシとこすったり、化粧を丁寧に落とさずに寝たり、肌に合わない化粧品を使い続けたりなどすると、くすみの原因となるメラニン色素が生成されてしまいます。
そのため、くすみを生じさせないためにもスキンケアは優しく丁寧に行うことが大切です。既に、肌に沈着してくすみになったメラニン色素に対しては、ピーリングをしたり、美白効果のある化粧品を使うと効果的です。